高血圧糖尿病 食事

脂質異常症(高脂血症)に良い食事

脂質異常症は、LDLコレステロールや中性脂肪の数値が基準値より多いか、HDLコレステロール値が基準値よりも低い状態です。脂質異常症は、多くの人が生活習慣に問題がある事が多いでしょう。少ないケースではありますが、遺伝子異常や他の病気によって引き起こされる事もあります。

 

問題となるのは過食や偏食、あるいは脂分の多い食事、そして運動不足が原因とされています。必要以上の食事をしないようにカロリーや摂取量をコントロールしていくのも大切になるでしょう。

 

コレステロールを抑えていくには、卵や内臓系の料理を減らしていく必要があります。魚にもあるのですが、多雨林がコレステロールを低下させる作用がりますので、魚料理を少なくする必要はありません。ただし魚卵や魚の内臓は控えるほうが良いでしょう。脂質は摂らなくても良いというわけではありません。

 

肉類が多い場合は、青魚などに変更する事で、脂質やコレステロールも低下させることが可能です。野菜類や海草は、食物繊維が豊富に含まれていますので、多く食べると良いでしょう。肉類の代わりに大豆を代用するのも方法です。

 

糖質を抑えていくには、お菓子やジュースを控える事も大切なのですが、果物の摂り過ぎにも注意しなければいけません。量を減らさなくても置き換える事で、お腹が空くのを防ぐ事も可能ですし、体にも良い食事になります。

 

なかには意外なものがコレステロールが高い場合がありますので、コレステロールの数値が高めと診断されている場合は、調べていきながら数値の高いものを食べる回数を減らせば正常値に戻していく事が可能です。